屋根工事ナビゲーション【屋根修理で大切なこと】

記事リスト

見ない部分もチェック

工具

定期的メンテナンスが必須

戸建てに住む人は数年おき、十数年おきに家屋の修繕をする必要があります。その中でも、特に屋根修理は重要です。なぜなら、風雨から住人を守る家の中でも、屋根は直接上から雨に降られる箇所であるため傷みやすいからです。しかし、普段屋根を真上から見ることはありません。そのため、傷んでいることになかなか気づかないことがあります。近所の家から見えたために教えてもらったり、雨漏りが起こったりすることで気づくことが多いでしょう。その際、雨漏り程度なら簡単な修繕が可能です。しかし、ほんの少しの雨漏りだからと放置していると、年数がたつに従って悪化していきます。簡単な修理で治らない場合は、屋根を葺き替えることになります。このように、屋根修理というものは少しの修繕から大規模なものまで様々です。その内容について紹介します。まず、大規模な屋根修理と言えば葺き替えです。屋根の瓦などをすべて取り除き、下地の板から新しく作り替える方法です。瓦屋根の場合は、状態によっては元々の瓦を使うこともできます。それより規模は小さくなりますが、カバー工法というものがあります。既存の傷んだ屋根の上に、新しい屋根をかぶせてしまうという方法です。撤去などの作業が不要で、工期も短いためこのカバー工法が増えています。そして、上記の工法に比べて簡単に行えるのが屋根塗装です。塗装を新しくすることで錆を防ぎます。さらに簡単な修理は雨漏り補修です。屋根の目地や雨樋いなどの補修がそれにあたります。屋根修理の内容は様々ですが、戸建て住宅には切っても切り離せないものです。数年おきのメンテナンスを受け、雨漏り補修や屋根塗装を定期的に行うことで、屋根の寿命を格段に延ばすことができます。

Copyright© 2018 屋根工事ナビゲーション【屋根修理で大切なこと】 All Rights Reserved.